スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法韓国エステ店を経営していた韓国籍のチェ・キョンソンを逮捕

エステ店装った無届け風俗店摘発 愛知県警 (愛知県)

エステ店を装って営業を禁止された地域で無届けで営業していた名古屋市中区の店舗型の風俗店が29日、摘発され、経営者の韓国籍の女が逮捕された。

風営法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、中区のエステ店「蕾」の経営者で韓国籍のチェ・キョンソン容疑者(50)。警察の調べでは、チェ容疑者は愛知県公安委員会に届けを出さずに営業を禁止されている地域で店舗型の風俗店を営業した疑いが持たれている。

調べに対し、チェ容疑者は違法性があると知りながら営業を続けていたことや従業員が性的なサービスを行っていたことも認めているという。店は、韓国エステ店を装って1年ほど前から営業しており、警戒していた警察が摘発した。
スポンサーサイト

交際相手をベランダから突き落として殺した韓国籍の金徳龍を逮捕

「甲斐性ない」といわれ逆上、交際女性を4階ベランダから持ち上げ落とす 大阪

23日午後9時ごろ、大阪市東住吉区矢田6の6の市営住宅で、住人の無職林澄江さん(53)が4階の部屋から転落、間もなく死亡が確認された。東住吉署は林さんを落としたとして殺人の疑いで、韓国籍で交際相手の東住吉区照ケ丘矢田4の15の19、無職金徳龍容疑者(49)を逮捕した。

東住吉署によると、林さんは全身を強く打っており、司法解剖して死因を調べる。金容疑者は「かい性がないと言われて腹が立った。殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は、口論で立腹し、林さんを持ち上げて4階ベランダから地面に落として殺害した疑い。ベランダには争ったような跡があった。

近くの住人が倒れている林さんを発見し通報、警察官が林さんの部屋で金容疑者を発見、身柄を確保した。現場は近鉄南大阪線矢田駅の南西約500メートルの住宅地。

元夫を車で轢き殺そうとした韓国籍の金美蘭を逮捕

殺人未遂:容疑で韓国籍の女逮捕−−安佐北署 /広島

安佐北署は20日、韓国籍で安佐北区亀山4のパート、金美蘭容疑者(20)を殺人未遂容疑で逮捕した。

逮捕容疑は20日午前8時5分ごろ、自宅前の路上で、派遣社員の元夫(24)に向かって殺意を示す言葉を発しながら車で突っ込み、左ひざにすり傷の軽傷を負わせたとしている。容疑を認めているという。

同署は、離婚した元夫が金容疑者の自宅を訪問した際、トラブルになったとみて動機を調べている。

生後3ヶ月の長男に大やけどを負わせて殺した韓国籍の李護を逮捕

3カ月の長男を虐待容疑、大阪 父逮捕、2カ月後死亡

生後3カ月の長男にやけどを負わせる虐待をしたとして、大阪府警捜査1課は21日、傷害の疑いで、韓国籍で父親の無職李護容疑者(27)=大阪市住吉区庭井を逮捕した。捜査1課によると、長男はその後死亡した。

逮捕容疑は昨年11月20日ごろと28日ごろ、自宅で長男宮本愛琉ちゃんの両足にやけどを負わせた疑い。「ゆりかごをストーブのそばに置いていたのが原因かもしれない」などと容疑を否認しているが、やけどは何かを押し付けたり熱い液体をかけたりしたような痕だった。

愛琉ちゃんはことし1月11日に具合が悪くなり自宅から病院に搬送されたが、翌12日に死亡した。

救急車の進行を妨害して暴れた韓国籍の鄭吉広を逮捕

兵庫、救急車の緊急走行妨害疑い 男を逮捕

兵庫県警長田署は18日、緊急走行中の救急車を止めて蹴るなどしたとして、公務執行妨害の疑いで、神戸市長田区二葉町、職業不詳、韓国籍鄭吉広容疑者(39)を逮捕した。「知らん」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、18日午前2時40分ごろ、神戸市長田区若松町6丁目の市道で、119番を受けて現場に向かっていた救急車の前に立ちふさがって停車させ、「降りてこい」と言いながら車をたたいたり蹴ったりした疑い。

同署などによると、救急隊員が別の救急車を手配し、搬送への影響はなかった。鄭容疑者は酒に酔っていたという。

派遣型ヘルスの女性を強姦した韓国籍の田宇鎮を逮捕

女性に乱暴容疑 韓国籍の男逮捕

和歌山東署は18日、韓国籍の自称会社役員、田宇鎮(チョン ウチン)容疑者(46)を強姦(ごうかん)容疑で逮捕した。

同署によると、田容疑者は、同日午前0時30分から同40分ほどの間、和歌山市内のホテルに、派遣型ヘルスで呼びつけた女性(21)に対し、抵抗を抑圧して乱暴した疑い。

女性から被害届があったという。田容疑者は容疑を否認しているという。

女子中学生に覚醒剤を打って強姦した韓国籍の金圭一を逮捕

出会い系で知り合った少女に覚せい剤注射 容疑で会社役員逮捕 わいせつ行為も 京都府警

スマートフォンの出会い系アプリで知り合った初対面の中学2年の女子生徒=当時(13)=に覚醒剤を打ち、わいせつな行為をしたとして、京都府警は覚せい剤取締法違反(使用禁止)と児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、韓国籍の会社役員、金圭一容疑者(56)=京都市南区=を逮捕した。京都地検は23日、同法違反の罪などで金容疑者を起訴した。捜査関係者によると、事実関係をおおむね認めている。

府警によると、金被告はスマートフォンの出会い系アプリで京都市在住の女子生徒と3月8日に知り合い、9日、現金数万円を払う約束で同区の自宅でわいせつな行為をし、その際、女子生徒に「打ったら気持ちよくなれる」などとして覚醒剤を注射したとしている。

女子生徒の家族からの相談を受けた府警が犯行の数日後、女子生徒を保護し、尿検査を行ったところ、覚醒剤が検出された。金被告は、5月12日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕、6月2日に覚せい剤取締法違反容疑で再逮捕されていた。

通学中の女子中学生を車で轢いて強姦した韓国籍の金九に懲役10年の実刑判決

<続>伊勢の韓国籍男の強姦致傷罪の裁判・・・判決懲役10年

通学中の女子中学生に車をぶつけた上、車内に連れ込みわいせつな行為をしたとして、強姦致傷、わいせつ略取誘拐、監禁の罪に問われた建築作業員金九被告(37)伊勢市曽弥2丁目、韓国籍=の裁判員裁判で、津地裁は9日、懲役10年(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。

増田啓祐裁判長は、強姦致傷罪は成り立たないとし、強姦未遂と致傷罪を適用した。

増田裁判長は判決で、「被害者のけがは車両衝突時に負ったものか、わいせつ行為時に負った物か明らかでなく、強姦致傷罪の成立は認められない」と述べた。

一方、「未遂とはいえ、犯行態様は誠に悪質で、被害者への精神的被害も甚大」とし、「何ら謝罪の意思も見せず、裁判中も不合理な弁解に終始した」と指摘した。

女性を包丁で脅して強姦した韓国籍の金用将 余罪多数

強盗強姦容疑で韓国籍の男を逮捕 警視庁 他にも6件に関与か

女性を包丁で脅して乱暴したうえ、現金約3千円を奪ったとして、警視庁立川署は、強盗強姦容疑で、韓国籍で建設会社社員、金用将容疑者(29)=千葉県市原市東国分寺台=を逮捕した。同署によると、「酒に酔っていて細かいことは覚えていないが、概ね間違いはない」と容疑を認めている。

同署によると、平成23年10月以降、東京都立川、昭島の両市と江戸川区内では計7件の強姦事件が発生。このうち5件では、現場に残された遺留物から検出されたDNA型が金容疑者のものと一致した。金容疑者は24年7月まで立川市、今年2月まで江戸川区に住んでいたといい、同署はほかの6件も金容疑者の犯行とみて調べる。

逮捕容疑は、24年6月28日午前3時ごろ、立川市内の30代の女性宅に侵入し、寝ていた女性に包丁を突きつけるなどして乱暴した上、室内にあった財布から現金約3千円を奪って逃げたとしている。

韓国人を顧客に虚偽の書類を作成していた光成泰晶を逮捕

韓国人から依頼受け虚偽の書類作成した疑い、男逮捕

韓国人から依頼を受け、無資格で確定申告書などの虚偽の書類を作成したとして65歳の男が逮捕されました。

税理士法違反などの疑いで逮捕されたのは自称・会社役員の光成泰晶容疑者(65)で、去年5月から7月ごろ、税理士の資格がないにもかかわらず韓国籍の男性から依頼を受けて法人税確定申告書などの書類を作成し、税理士業務を行った疑いがもたれています。

警察によりますと、光成容疑者の顧客はほとんどが韓国人で、在留資格を取得するために設立したペーパーカンパニーの確定申告などを請け負っていたとみられています。取り調べに対し、光成容疑者は「金を稼ぐためにやった」などと容疑を認めているということで、警察が余罪についても調べを進めています。

韓国人窃盗団の金相真と尹泰求を逮捕 被害総額1300万円

空き巣容疑、韓国人グループ逮捕=25件1300万円関与か-警視庁

留守中の一軒家に侵入し、現金や指輪などを盗んだとして、警視庁捜査3課は15日までに、窃盗と住居侵入容疑で、いずれも韓国籍の無職金相真(42)=住所不詳=、建設業尹泰求(44)=同=両容疑者ら窃盗グループの男3人を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

逮捕容疑は9日午前11時~午後0時15分ごろ、東京都大田区の無職女性(75)宅に、ドライバーでガラスを割って侵入。現金約19万円と指輪や腕時計など12点(計98万円相当)を盗んだ疑い。

同課によると、今年に入ってから同様の手口で、世田谷区や練馬区など都内で少なくとも25件、約1300万円の被害を確認。関連を調べている。

グループは2011年ごろからたびたび日本に短期滞在しており、一軒家を狙った空き巣を繰り返していたとみられている。今年に入ってからも6回入国が確認された。

危険ドラッグを製造していた韓国籍の趙顯夫を逮捕

「危険ドラッグ製造」で男2人を逮捕へ

厚生労働省麻薬取締部は、薬事法違反の疑いで、石川県七尾市の藤波実被告(43)と韓国籍の趙顯夫被告(48)を14日、再逮捕する方針です。捜査関係者によりますと、2人は七尾市にある建物で、指定薬物を植物片に混ぜ、危険ドラッグを製造した疑いです。2人は中国から麻薬を密輸したとして7月に逮捕され、危険ドラッグ製造に使う機材など450点が押収されていました。

警察官に買春を持ちかけた韓国籍の李正宰を逮捕

警官に買春持ちかけた容疑 韓国籍の男逮捕 愛知

愛知県警中署は売春目的で客引き行為をしたとして、自称名古屋市中区新栄2丁目、韓国籍の無職李正宰容疑者(46)を県迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕し11日、発表した。李容疑者は男で、ブラウスにスカート姿で化粧をするなどしていたという。

同署によると、李容疑者は10日午後11時10分ごろ、同市中区栄1丁目にある堀川沿いの駐車場で、警戒中の男性警察官に「どうする、イチゴー(1万5千円)、すべて」などと声をかけた疑いがある。調べに「間違いありません」と容疑を認めているという。

地元住民から「最近、男性による売春行為があり、取り締まってほしい」と同署に要望が寄せられていた。

覚醒剤の売人から場所代を徴収していた韓国籍の李柄圭を逮捕

麻薬特例法違反:覚醒剤売人から場所代受け取る 容疑者2人を西成署が逮捕 /大阪

大阪市西成区の路上で覚醒剤を密売する売人から場所代を受け取ったとして、西成署などは9日、同区岸里東1、無職の韓国籍、李柄圭容疑者(43)ら2人を麻薬特例法違反(薬物犯罪収益収受)容疑で逮捕したと発表した。李容疑者は「金は受け取ったが1人でやった」と容疑を一部否認している。

パチスロ賭博で韓国籍の李育実を逮捕

パチスロ賭博:容疑で従業員と客逮捕−−県警 /広島

ギャンブル性の高いパチスロ機で常習的に賭博をさせたとして県警生活環境課などは9日、佐伯区藤の木3、パチスロ店経営、原田剛容疑者(29)らを賭博容疑で逮捕した。

他に逮捕されたのは、いずれも同店従業員で中区南千田西町、津山恵太(23)▽中区鶴見町、栗栖啓輔(20)▽安佐南区大町東1、韓国籍、李育実(29)の3容疑者。

100億円を韓国に不正送金していた韓国人の高明贊を逮捕

「地下銀行」で100億円を不正送金か 韓国人を逮捕

韓国人の高明贊(コ・ミョンチャン)容疑者(36)は去年12月から半年にわたり、日本に住む韓国人女性2人から依頼を受け、44万円を韓国へ不正に送金した疑いが持たれています。一昨年から3億4000万円を超える送金をしていたとみられます。警察によりますと、客と送金先などをメールでやり取りし、最短で当日には送金が完了していました。警察は、高容疑者のグループが、これまでの6年間に100億円以上を不正に送金していたとみて調べています。

危険ドラッグの原料を密輸した韓国籍の田勝徳を逮捕

販売目的容疑で男逮捕 危険ドラッグ原料密輸事件

危険ドラッグの原料麻薬が中国から密輸されたとされる事件で、東海北陸厚生局麻薬取締部が麻薬取締法違反(営利目的所持)の疑いで、兵庫県高砂市の元雑貨店経営田(でん)勝徳被告(51)=韓国籍、覚せい剤取締法違反(使用)罪で公判中=を逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。

同事件の逮捕者は3人目で、販売先の摘発は田容疑者が初めて。麻薬取締部は密輸した原料麻薬を使った危険ドラッグの製造過程を含め、事件の全容解明を進める。

捜査関係者によると、田容疑者は7月、兵庫県西宮市で経営していた雑貨店で、危険ドラッグの原料麻薬「XLR-11」を含んだ植物片約200グラムを、販売目的で所持していたとされる。「(店で扱っていた)商品から麻薬が検出されても不思議ではない」と、おおむね容疑を認めている。

麻薬取締部は6月末以降、「XLR-11」を中国から密輸しようとしたなどとして、東京都稲城市の音楽制作業趙顕夫(48)、石川県七尾市の映像クリエーター岡田実(43)の両被告=いずれも薬事法違反罪などで起訴=を逮捕。2人が拠点にしていた七尾市内の納屋から危険ドラッグの製造に使ったとみられる機材などを押収し、商品の卸先を調べ、田容疑者が浮上した。

田容疑者は7月、経営する店に指定薬物入りの液体を置いていたとして、近畿厚生局麻薬取締部が薬事法違反(販売目的所持)容疑で逮捕。その後、覚せい剤取締法違反容疑でも逮捕、起訴された。

歩行者を轢き殺した観国籍のタクシー運転手を逮捕

営業中のタクシーがひき逃げ、乗客の申告で発覚

6日午前0時25分ごろ、埼玉県川口市内の市道で、道路を歩いていたとみられる73歳の男性がひき逃げされる事件が起きた。男性は収容先の病院で死亡。車両は逃走したが、客からの通報でタクシーが関与したと判明。警察は後に64歳の男を逮捕している。

埼玉県警・川口署によると、現場は川口市末広2丁目付近。73歳の男性は道路を歩くか、もしくは横断していたところ、進行してきた乗用車にはねられた。

男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打などが原因でまもなく死亡。事故を起こしたクルマは現場から逃走していたことから、警察ではひき逃げ事件として捜査を開始したが、後に現場を訪れた20歳代の女性が「自分が乗っていたタクシーが事故を起こしたと思う」、「乗車中に衝撃を感じ、運転手にもその旨を伝えたが無視された」などと申告した。

警察ではこの情報を元に周辺の防犯カメラ映像を分析。車両を特定して捜索を行ったところ、秩父市内で発見。警察は運転していた韓国籍を持ち、川口市内に在住する64歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

聴取に対して男は「運転中に衝撃を感じ、バックミラーを見たら人が倒れていた。怖くなって逃げた」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。

リフォーム詐欺で韓国籍の阪口東吉を逮捕

特定商取引法違反:悪質リフォーム契約 容疑で業者逮捕−−府警 /大阪

「住宅の補修が必要だ」と偽り、リフォームの工事契約を結んだとして、府警は17日、大阪市中央区の土木建築会社「東八」を実質経営する韓国籍の阪口東吉容疑者(72)=箕面市半町4=ら男4人を特定商取引法違反(不実の告知など)の疑いで逮捕した。

偽ブランド品販売で韓国籍の朴俊赫を逮捕

偽高級ブランド品押収 暴力団組員ら逮捕

偽の高級ブランド品を販売目的で所持したとして、宮城県警暴力団対策課と仙台南署などは8日までに、商標法違反の疑いで、いずれも無職で、指定暴力団系組員の仙台市若林区大和町2丁目、鈴木昌美容疑者(37)を再逮捕し、ともに大阪市東住吉区矢田1丁目、韓国籍の朴俊赫(44)、妻の有里直美(36)両容疑者を現行犯逮捕した。

県警によると、奈良県大和高田市の朴容疑者方などから高級ブランド「ルイ・ヴィトン」などの商標マークを模造したバッグや財布など計約3万5000点を押収しており、県警の押収量としては過去最多とみられる。

鈴木容疑者の逮捕容疑は9月1日、太白区の駐車場に止めた乗用車内で販売する目的で偽ブランド品の財布など18点を持っていた疑い。朴、有里容疑者の逮捕容疑は9月30日、大阪市で偽ブランド品の腕時計1点、大和高田市で財布21点をそれぞれ所持していた疑い。

県警によると、鈴木容疑者は容疑を認めており、朴、有里両容疑者は容疑を否認している。

県警は鈴木容疑者が2010年9月以降、インターネットのオークションサイトやメールを使って朴、有里両容疑者から偽ブランド品を仕入れたとみて入手ルートの解明を進める。

鈴木容疑者はネットオークションの掲示板に偽ブランド品のベルトを出品して落札者から代金約1万3000円をだまし取った詐欺などの疑いで9月1日に逮捕され、19日に処分保留とされた。

test

test
おすすめ家電
SHARP製IGZO搭載
4K液晶ディスプレイ
Dell UP3214Q
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。