スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽ブランド品販売で韓国籍の朴俊赫を逮捕

偽高級ブランド品押収 暴力団組員ら逮捕

偽の高級ブランド品を販売目的で所持したとして、宮城県警暴力団対策課と仙台南署などは8日までに、商標法違反の疑いで、いずれも無職で、指定暴力団系組員の仙台市若林区大和町2丁目、鈴木昌美容疑者(37)を再逮捕し、ともに大阪市東住吉区矢田1丁目、韓国籍の朴俊赫(44)、妻の有里直美(36)両容疑者を現行犯逮捕した。

県警によると、奈良県大和高田市の朴容疑者方などから高級ブランド「ルイ・ヴィトン」などの商標マークを模造したバッグや財布など計約3万5000点を押収しており、県警の押収量としては過去最多とみられる。

鈴木容疑者の逮捕容疑は9月1日、太白区の駐車場に止めた乗用車内で販売する目的で偽ブランド品の財布など18点を持っていた疑い。朴、有里容疑者の逮捕容疑は9月30日、大阪市で偽ブランド品の腕時計1点、大和高田市で財布21点をそれぞれ所持していた疑い。

県警によると、鈴木容疑者は容疑を認めており、朴、有里両容疑者は容疑を否認している。

県警は鈴木容疑者が2010年9月以降、インターネットのオークションサイトやメールを使って朴、有里両容疑者から偽ブランド品を仕入れたとみて入手ルートの解明を進める。

鈴木容疑者はネットオークションの掲示板に偽ブランド品のベルトを出品して落札者から代金約1万3000円をだまし取った詐欺などの疑いで9月1日に逮捕され、19日に処分保留とされた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ家電
SHARP製IGZO搭載
4K液晶ディスプレイ
Dell UP3214Q
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。