スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーナビ窃盗を繰り返していた韓国籍の都靖紳を追送検 被害総額は8300万円

「トヨタのカーナビ 高く売れた」1都6府県でカーナビ狙った窃盗 被害総額8300万円 容疑の男2人 追送検で捜査終結

京都や大阪、神奈川などでカーナビ盗や自動車盗を繰り返したとして、京都府警は13日、窃盗などの疑いで、大阪府堺市中区福田の自営業、冨松幸二被告(47)=窃盗罪で公判中=と、兵庫県尼崎市南初島町の会社員、韓国籍の都(と)靖(せい)紳(しん)被告(34)=同=を追送検し、捜査を終結したと発表した。京都府警は363件の犯行を裏付け、被害総額は約8300万円相当。

府警によると、平成25年3月~26年1月、京都府や大阪府、神奈川県など1都6府県で車を盗んで移動。駐車場の車からカーナビ計288台などを盗んだとしている。盗んだカーナビは大半がトヨタの純正品で、リサイクル業者などに売却。2人は「トヨタのカーナビは高く売れた」と供述しているという。

複数の犯行現場で、付近の防犯カメラに冨松容疑者の車が写っており、府警は5月、窃盗容疑で2人を逮捕していた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ家電
SHARP製IGZO搭載
4K液晶ディスプレイ
Dell UP3214Q
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。